仕事帰りの勝つための立ち回り~序章~

SNSフォローボタン

皆さん、こんにちは。もじゃらっちょです。

サラリーマンとなり、10カ月が経過しています。
訳2年パチンコの専業をしていたためか、お局にメンタルがやられてきています。。。

社会復帰してからはブログを書く時間も取れず、日々疲弊しきっていましたが
少しづつ余裕が出てきて、パチンコに触れる時間もとることができ始めました。

パチンコのかつ近道は何といっても回る台を打つ!!
これにつきますので、日々稼働をしますが、全くもって勝てません><

なぜ勝てないか考えたところ、専業時代と比べ
稼働時間の確保ができないことが原因のようです。

サラリーマンは稼働時間を確保することが難しいのです。
そこで今までの立ち回りを捨て、サラリーマンとしての立ち回りを考えました。
そしてようやく立ち回りを確立し、大幅に勝率を上げることができました。

このブログでは、その立ち回りを使った稼働日記を報告していきます。

初めにサラリーマンとしての立ち回りを紹介します。

ざっくり説明するとこの4つになります。
【サラリーマン勝利の4か条】
1.ボーダーラインは大事だが、-1~2回転はほかの条件によっては追ってもよい!
2.時間効率と安定した出玉を確保できる台をせめる!
3.当日プラスの台を打ち、ある程度出たら帰る!
4.お客さんが多く貯玉プレイできる店に行く!

1については何言ってんのこいつ。と思われそうですが、パチンコは確率の遊びです。
ベース25の台を打っていても負けることはあります。
しかし、専業のように長く遊戯できる方は、期待値に沿って出玉を得ることができます。

しかし、サラリーマンはそういう専業がチェックした後の台を2~3時間仕事終わりに打つことになり、そういう台を拾えることはそうありません。

そのため、ボーダーよりも当たりの乱数を多く取れている
いわゆる調子のいい台を狙う必要があります。

では、その調子のよい台はどうやって見極めるのでしょうか。
今のパチンコはスランプグラフが確認できる台がほとんどです。

そのスランプグラフを活用しましょう!
まず、座ろうとしている台が当日の差玉が+の台かを見極めましょう。
差玉が+=当たりを多くとれている台もしくは一撃で伸びた台のどちらかに分類されます。

時間の限られているサラリーマンパチンカーとしてはロマンを追いたくなりますが
一撃で伸びた台=初当たりが取れていない台と捉えることもできます。

そのため、夕方から稼働する場合、この一撃で伸びた台は打たない台に分類されます。
ここまでお読みいただいた方はもうおわかりでしょうが
夕方から稼働する場合は、初当たりを多くとれており、当日+域で稼働している台
調子のよい台と考えることができます。

こういう条件に一致する台の中から、出そうな台を見極める必要があります。
この見極めについては私も100%ではありませんので
具体的にこういう台を狙いましょうと説明をすることができません。
(そもそも説明ができたら、仕事してませんw)

そのため、今説明した条件を基に立ち回っている私の稼働を今後紹介していきますので
是非皆さんの参考にしてください。

本日11/6は、CRA大海物語3Withアグネスラムを実践しましたが
今から更新をする余裕がないので、後日更新いたします。

※注意※
ここで説明している内容は、事実の裏付けが取れているものではなく
あくまで主の主観と経験で話している内容となります。
勝利を約束する藻ではありませんので、注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。